FC2ブログ

福岡県久留米市にあるペットショップ「PET's THE WORLD」お客様ワンコをイジリ倒す日常を赤裸々に・・・掲載されたお写真はオーナーさまよりご希望がございました場合に限りプリント(有料)させていただきます。

PET's THE WORLD店舗日記

.

【都合により臨時休業】

  1. 2017/06/27(火) 15:07:09|
  2. 店舗日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
皆様、申し訳ございません。

本日6月27日は店主都合により臨時休業とさせて頂きました。

いきなりの休みでご迷惑をお掛けいたしました事を深くお詫びいたします。


さて、臨時休業の告知だけでは素っ気無いので、ちょっとしたお話を。

このところジメジメとした日が続いております、湿度が高くなると体感的に暑く感じますね。

でも、実は実際に暑くなるんです。

これは人間が体温を調節するために発汗によって汗が蒸発する時に起きる「気化熱」で体温を大気中に放出していることと関係があります。

しかし、その放出すべき大気の湿度が高い場合・・

汗は蒸発せず、ムレムレな状態。

つまりは体温を下げられなくなります。


我々人間の場合でも汗の気化熱が十分でないと「熱中症」を引き起こしますが、ワンコの体温調節は人間とは少々違っております。

まず、第一にワンコは体表に汗をかかないということ。
僅かに足の裏に汗腺があるくらいで、体温調節の多くは口内の気化熱でまかなっています。

暑い時にワンコが口を開けてハァハァしているのがそれです。
正式名は「パンティング」と言うのですが口内の唾液での気化熱が体温調節の要。

こんな感じですね。↑

寒さに強い犬種の場合に適切な温度は20度前後といわれているように我々の感覚とは少々違いますのでご注意を。

この感覚の違いに重ねて湿度の上昇はワンコを簡単に熱中症にしてしまいますので、この季節は温度管理と共に湿度管理にもお気をつけ願います。

ワンコの普段の体温は約38度前後、湿度過多で体温調節が出来ない状態において温度も上昇した場合、簡単に体温は40度を超えます。

その前段階でワンコ自身が少しでも体温を下げようと冷たい場所に寝ていたりするのもご覧になったことがあるとおもわれます。

こんな感じに↓
2017-06-27-02.jpg

こういった状態を見かけましたら、ぜひ温度チェックと併せて湿度もチェックしてみてください。

湿度は40%~60%がお勧めです。

ちなみに運悪くワンコが熱中症になってしまった場合。

症状としてはいきなり倒れたり、グッタリした状態。
頭を触ると「熱くなっている」のがわかります。

そんな時は。
「4本足で立った状態でお腹が触れる程度の水に入れてあげてください。」
脇裏、内腿の血管から体温を落としてくれます。


それでは、高温多湿の日本の夏を元気で乗り切りましょう♪

ちなみに良く行われている「サマーカット」は汗による気化熱が使えないためワンコにとって(※1.特にダブルコートの犬種)はあまり意味がなく、※2.シングルコートの場合でも最低1cm以上の毛を残しておかねば日光や外気温に対して無防備な状態となりますのでご注意を。

※1.ダブルコートは被毛が長くて太い上毛(オーバーコート)とその下に生える細かな下毛(アンダーコート)が生えている状態の犬種です。
※2.シングルコートは被毛が1種類だけの毛で声制されている犬種を指します。

明日はお店も空けますので宜しくお願いいたします。



では、また明日♪


ちょっと変わったペットショップ
PET's THE WORLD
http://pets-the-world.jp/


PET's THE WORLD公式LINE 友だち追加で素早く情報をキャッチ!
友だち追加







<<【慣れれば怖くないんだから♪】 | BLOG TOP | 【本日は疾病Day?】>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback




PET's THE WORLD公式LINE

友だち追加